会社紹介 COMPANY

会社概要OUTLINE

商号
株式会社大橋冷機
屋号
ちゅう房専科
本社所在地
北海道札幌市中央区南15条西6丁目2番1号
創業
昭和26年6月25日
設立
昭和37年7月11日
資本金
2,000万円
代表者
代表取締役社長 塚本教博
従業員数
18名
認定資格
冷媒回収事業所認定番号010099
古物商許可番号
北海道公安委員会許可第101270001502号道具類商
取引銀行
北海道銀行
北洋銀行
事業内容
・厨房機器の販売、施工、修理
・中古厨房機器の販売、メンテナンス、買取
・厨房プランニング、設計
・ステンレス製品の販売、製造加工

社長挨拶GREETING

塚本 教博
代表取締役社長 塚本 教博

弊社は札幌市で昭和26年に創業し、今年で72年目を迎えました。

創業当初は木製の氷で冷やす冷蔵庫を製造していました。 その後、コンプレッサーを内蔵し木枠にステンレスを被せたいわゆる特注冷蔵庫の製造をして、地元の商店や飲食店の方々に重宝されてきました。 その後特注冷蔵庫の需要の減少で既製品の冷蔵庫の販売量が増え、冷蔵庫以外の厨房機器も取り扱うようになり、お客様から中古品の要望が増えてきました。 そして、平成17年に今の「ちゅう房専科」が誕生したのもお客様からの声からでした。これまでに札幌ススキノを中心に北海道内多くの飲食店に携わることが出来ました。

冷蔵庫を作れるわが社のノウハウと人材力で多くの支持をいただいてきました。中古厨房機器は物を大切にしゴミを増やさない地球環境保全にも貢献しています。 今、日本が抱える人口減少と労働者不足という大きな問題を目前にして、わが社の存在意義を見直すステージにいると考えております。

わが社は飲食店の発展無しには存在しません。お客様の商売繁盛を第一に考え、様々な問題を改善し、お客様と共に成長していける会社になること、そして飲食業界全体の発展に貢献していくことがわが社の存在意義であると考えております。これからも、飲食店はもちろん北海道の食文化の発展に貢献させていただきたいと思います。